神前式ウェディング

神前式ウェディングは、古くから行われてきた神殿にて八百万の神々の前で誓いを立てるものですが、現在のスタイルの神前式ウェディングが行われるようになったのは明治初期と言われています。
特に神前式で有名なのは「明治記念館」です。

挙式は神前にて齋主(神職)が執り行います。日本古来の伝統的なしきたりや儀式を踏襲し、厳かな雰囲気の中で本人達を含む親族全てが「家と家」の結びつきを神様に報告し、今後のご加護を感謝とともに祈ります。
基本的に参列するのは、両親と親族のみですが、最近では親しい友人、知人にも参列していただくケースも増えています。
新郎新婦は和装で、三三九度の盃をかわし、玉串を捧げ結婚を誓います。
以下に具体的な流れをご説明いたします。

神前式の流れ

1.親族入場
神前に向かって右に新郎側、左に新婦側の親族が座ります。血縁関係が強い順で入場します。

2.新郎新婦、媒酌人入場
巫女の先導により新郎新婦、媒酌人(仲人等)、齋主が入場します。

3.齋主、神前にあいさつ
齋主とともに一同神前に向かって一礼します。

4.修祓の儀
齋主が、神前、巫女、新郎新婦、親族の順にお祓いをします。

5.祝詞奏上
齋主が2人の結婚を神に報告します。

6.三献の儀
新郎新婦が三三九度の杯を交わします。三三九度の杯は、小中大の杯に順に注がれたお神酒をそれぞれ3回にわけて飲みほすことから三献の儀と呼びます。

7.誓詞奏上
新郎新婦は神前に進み一礼して、新郎が誓いの言葉を読み上げたあと、新婦は自分の名前を言います。その後、誓詞を玉串案の上に置きます。

8.新郎新婦玉串奉奠
新郎新婦が神前に玉串を捧げ、二礼二拍手一礼します。

9.媒酌人夫婦玉串奉奠
媒酌人夫婦が神前に玉串を捧げます。その後、参列者と一緒に二礼二拍手一礼します。

10.指輪の交換
新郎から新婦へ、新婦から新郎へ指輪の交換をします。

11.親族杯の儀
親族始め列席者全員で杯のお神酒を3回で飲み干します。

12.齋主一拝
挙式が滞りなく執り行われたことを齋主が神に報告する一拝をします。これに合わせて参列者一同起立して拝礼をします。

13.齋主あいさつ
齋主と一同が神前に拝礼して祝いのあいさつをします。

14.退下(たいげ)
齋主、新郎新婦、媒酌人、親族の順で退場します。
以上で、神前式の流れは完了です。

おすすめ記事ピックアップ

  • 神前式ウェディング

    神前式ウェディングは、古くから行われてきた神殿にて八百万の神々の前で誓いを立てるものですが、現在のスタイルの神前式ウェディングが行われるようになったのは明治初期と...

  • 人前式ウェディング

    人前式ウェディングは、新郎新婦が、家族や親戚、友人などの参列者の前で結婚の誓いを行うものです。 人前式ウェディングには特定のスタイルがありませんので、しきたりや宗教にとらわれたくない人に支持されている...

  • 神道とは

    和ウェディングというと、まず神前式の挙式が思い浮かびます。神前式の神とは、キリスト教式の神とは違い、八百万の神々を祀る神道に由来する... みなさんは神道と聞いて何をイメージするのでしょうか。

  • 用語集

    和ウェディングで耳にする用語をいくつかまとめてみました。【色打掛】(いろうちかけ)白以外の色を用いた華やかな打掛のこと。色地に赤や金など華やかな色の刺繍が...