人前式ウェディング

人前式ウェディングは、新郎新婦が、家族や親戚、友人などの参列者の前で結婚の誓いを行うものです。
人前式ウェディングには特定のスタイルがありませんので、しきたりや宗教にとらわれたくない人に支持されている挙式スタイルです。
人前式というと、ウェディングドレスを着て洋風に行うイメージがあるかもしれませんが、和の雰囲気を取り入れて和装で神前式の儀式を行うなどして、執り行っても一向にかまいません。
新郎新婦のアイデアを盛り込んだオリジナリティ溢れる和ウェディングを行うことができます。
神前式の挙式が普及する前の日本では、自宅に親族や知人を招いて結婚式を行い、そこでお祝いの言葉をいただくというのが一般的で、それがもとで「祝言(しゅうげん)」と呼ばれていたくらいなので、人前式和ウェディングというが、挙式の正統性を引き継ぐものなのかもしれません。

人前式の流れの一例

式の進行は披露宴の司会者が務めることが多いようです。

1.入場
新郎新婦が入場します。

2.開式宣言・人前式の趣旨説明
司会者が開式宣言を行い、人前式の趣旨を説明します。

3.新郎新婦の宣誓
新郎新婦が参列者の前でふたりの誓いを読み上げます。

4.結婚証明書へのサイン(あるいは婚姻届けへの署名)
結婚証明書や婚姻届けなどに署名をします。
ここで、神前式の三三九度によって契りの杯を交わすこともあります。

5.指輪の交換
新郎から新婦へ、新婦から新郎へ指輪の交換をします。

6.結婚宣言
司会者がふたりの結婚が成立したことを宣言します。

7.退場
参列者の祝福を受けながら、新郎新婦が退場します。

以上が人前式の流れの一例です。

おすすめ記事ピックアップ

  • 神前式ウェディング

    神前式ウェディングは、古くから行われてきた神殿にて八百万の神々の前で誓いを立てるものですが、現在のスタイルの神前式ウェディングが行われるようになったのは明治初期と...

  • 人前式ウェディング

    人前式ウェディングは、新郎新婦が、家族や親戚、友人などの参列者の前で結婚の誓いを行うものです。 人前式ウェディングには特定のスタイルがありませんので、しきたりや宗教にとらわれたくない人に支持されている...

  • 神道とは

    和ウェディングというと、まず神前式の挙式が思い浮かびます。神前式の神とは、キリスト教式の神とは違い、八百万の神々を祀る神道に由来する... みなさんは神道と聞いて何をイメージするのでしょうか。

  • 用語集

    和ウェディングで耳にする用語をいくつかまとめてみました。【色打掛】(いろうちかけ)白以外の色を用いた華やかな打掛のこと。色地に赤や金など華やかな色の刺繍が...