用語集

和ウェディングで耳にする用語をいくつかまとめてみました。

【色打掛】(いろうちかけ)
白以外の色を用いた華やかな打掛のこと。色地に赤や金など華やかな色の刺繍が施され、和装では最高位とされているので、挙式でも着られる正式な和装だが、一般的には、式は白無垢、披露宴は色打掛が定着している。

【榊】(さかき)
古くから日本で神事に使用するツバキ科の常緑樹。祭壇や神棚に供える。神前式において「修祓の儀(しゅうばつのぎ)」では、齋主が榊の枝に紙垂をつけた大麻を振って厄災やけがれを祓う。また「玉串を奉りて拝礼」では、榊の枝に紅白の正絹を結んだ玉串を神前に捧げる。

【三三九度】(さんさんくど)
神前挙式の儀式のひとつで、巫女が注ぐ御神酒の盃を1度目と2度目は口をつけるだけ、そして3度目に飲み干すという儀式。お酒が飲めない人は飲むまねだけでもかまわない。正式名称は「三献の儀(さんこんのぎ)」または「誓杯の儀(せいはいのぎ)」。

【参進の儀】(さんしんのぎ)
神前挙式の儀式のひとつで、雅楽の調べのなか、巫女や齋主を先導に神殿まで進んでいく。足並みと気持ちを一つにする儀式。古式ゆかしい厳かな雰囲気の中で行われる。花嫁行列とも呼ばれる。

【白無垢】(しろむく)
全身を白一色に揃えた花嫁の和装。打掛、掛下(打掛の下に着る着物)、帯、小物など、すべてを白一色でそろえる。清らさかを示し、嫁ぎ先の家風に染まります、という意味がある。

【神前式】(しんぜんしき)
神前で結婚を誓うスタイル。結婚を先祖の神々に報告するというもので、明治時代に今の形式になったといわれている。雅楽や入り舞が入ることもあり、日本古来の伝統的挙式。式に参列できるのは基本的には親族のみ。

【人前式】(じんぜんしき)
親族や友人に立会人として列席してもらい、その人たちに向かって宣誓をする挙式のスタイル。制約にとらわれず、進行や誓いの言葉などすべてが自由なことから、オリジナリティを求める新郎新婦に人気。

【親族杯の儀】(しんぞくさかずきのぎ)
神前挙式の儀式のひとつで、両家の家族が親族となった誓いの杯を交わす儀式。巫女が両家の上座から御神酒を注いで回り、齋主の合図で起立して、3口でいただく。

【誓詞】(せいし)
神前挙式の儀式のひとつで、新郎新婦が読み上げる連名で綴った誓いの言葉。三三九度に次いで行う。主に新郎が誓いの言葉を読み、新婦は自分の名前の部分を読む。

【角隠し】(つのかくし)
文金高島田の髪を飾る帯状の白い布のこと。白無垢、色打掛、引き振袖のいずれにも使用できる。角隠しには「夫に従順に従う」という意味が込められている。

【引き振袖】(ひきふりそで)
裾を引きずるタイプの振袖で、正式な和装式服のこと。黒色の黒引き振袖はかつて武家の婚礼衣裳として使われたもの。

【水合わせの儀】(みずあわせのぎ)
両家の母親が汲んできた水を一つの杯に注ぎ合わせて飲む儀式で、主に神前式、人前式の挙式で行われる。別々の家庭で育った新郎新婦が、新たな家庭や環境で馴染んでいけるようにという願いが込められている。

【紋付袴】(もんつきはかま)
男性の第一礼装とされる和服。最も格の高い正礼装は、五つ紋の黒紋服となっており、婚礼衣装を借りる場合は、家紋をシールで貼り付けることが多い。

【綿帽子】(わたぼうし)
花嫁が和装の際に頭にかぶる、真綿をのばしてつくった袋状の帽子のこと。「夫以外の人に顔を見られないように」という意味がある。角隠しも同じ意味で着用されるが、綿帽子は色打掛では用いないというのが習わし。

おすすめ記事ピックアップ

  • 神前式ウェディング

    神前式ウェディングは、古くから行われてきた神殿にて八百万の神々の前で誓いを立てるものですが、現在のスタイルの神前式ウェディングが行われるようになったのは明治初期と...

  • 人前式ウェディング

    人前式ウェディングは、新郎新婦が、家族や親戚、友人などの参列者の前で結婚の誓いを行うものです。 人前式ウェディングには特定のスタイルがありませんので、しきたりや宗教にとらわれたくない人に支持されている...

  • 神道とは

    和ウェディングというと、まず神前式の挙式が思い浮かびます。神前式の神とは、キリスト教式の神とは違い、八百万の神々を祀る神道に由来する... みなさんは神道と聞いて何をイメージするのでしょうか。

  • 用語集

    和ウェディングで耳にする用語をいくつかまとめてみました。【色打掛】(いろうちかけ)白以外の色を用いた華やかな打掛のこと。色地に赤や金など華やかな色の刺繍が...