神道とは

和ウェディングというと、まず神前式の挙式が思い浮かびます。
神前式の神とは、キリスト教式の神とは違い、八百万の神々を祀る神道に由来するものです。
みなさんは神道と聞いて何をイメージするのでしょうか。
やはり神社を頭に浮かべる方が多いのではないかと思います。
神道は、古代日本に起源を持っている宗教なのですが、宗教にも拘わらず○○教という括りがなくて、あくまで『神道』なのです。
そして日本国家を作るときにもっとも影響を与えたのがこの神道といわれています。
神道では『古事記』、『日本書紀』、といった「神典」と称される古典を規範として、明確ではないものの神道の経典としています。
森羅万象に神が宿っていると考えて、天津神・国津神そして祖霊を祭ることで、祭祀を重視しています。
徳目としては「浄く明るく正しく直く(浄明正直)」をかかげています。
他の宗教と違う特徴として、現実主義的なところが上げられます。、
また、明治時代には国民の精神的な支柱として神道の精神性・倫理性などが国家編制の一部に大きく採用されることとなりました。
童謡の「通りゃんせ」の歌詞を例にとってみても、現在の日本に於いても広範囲のわたって神道の倫理性・精神性が浸透していることがわかります。
神道は、神話に登場している神様たちのように、地縁や血縁などで結ばれた村や集落といったものを守っていくことを目的として信仰されてきたといわれています。
以前はどんなに小さな集落にも必ず地鎮祭のための広場や祠がありました。自然を畏れ、人間の力を超えた現象に出会ったとき、広く知られていないけれども、自分たちだけが祀る神に祈りを捧げてきた習慣が神道の精神を支えてきたとも言えます。
われわれ一般の日本人は、神道を宗教としての認識を持たないまま、精神的支柱として捉え、神社にお宮参りに行ったり、厄払いの祈祷を受けたり、初詣に行ったりと、生活の中に浸透させてきたと考えられます。
そういった背景が、神前式挙式で厳かな気持ちになる所以かもしれません。
ちなみに、神道は「しんとう」・「かんながらのみち」とよみます。

おすすめ記事ピックアップ

  • 神前式ウェディング

    神前式ウェディングは、古くから行われてきた神殿にて八百万の神々の前で誓いを立てるものですが、現在のスタイルの神前式ウェディングが行われるようになったのは明治初期と...

  • 人前式ウェディング

    人前式ウェディングは、新郎新婦が、家族や親戚、友人などの参列者の前で結婚の誓いを行うものです。 人前式ウェディングには特定のスタイルがありませんので、しきたりや宗教にとらわれたくない人に支持されている...

  • 神道とは

    和ウェディングというと、まず神前式の挙式が思い浮かびます。神前式の神とは、キリスト教式の神とは違い、八百万の神々を祀る神道に由来する... みなさんは神道と聞いて何をイメージするのでしょうか。

  • 用語集

    和ウェディングで耳にする用語をいくつかまとめてみました。【色打掛】(いろうちかけ)白以外の色を用いた華やかな打掛のこと。色地に赤や金など華やかな色の刺繍が...