式の特徴

和ウェディングの挙式の特徴の典型的なものとしては、儀式と服装が挙げられます。
神前式挙式における儀式をいくつかピックアップしてみます。
まず、最近は行われることは少ないのですが、入場の際に「参進の儀」と呼ばれる花嫁行列があります。
雅楽が演奏される厳かな雰囲気の中を、新婦が齋主と巫女に先導されて本殿まで進みます。
「三献の儀」または「誓盃の儀」と呼ばれる三三九度の杯も和ウェディングの特徴的儀式です。
小中大の杯に注がれたお神酒をそれぞれ3回に分けて飲み、契りの杯を交わします。
(お酒を飲めない方の場合でも、口をつけるだけで儀式として有効ですので、ご安心ください)
「誓詞奏上」は、「三献の儀」のあと、新郎新婦が神様の前で誓いの言葉を読み上げるもので、主として新郎が読み、新婦は名前のみを読み上げます。
「玉串奉奠」は、紙垂(しで)という紙を取り付けた榊の枝(玉串)を巫女から両手で受け取り、軽く一礼した後に玉串案に捧げて二拝、二拍手、一拝の作法で拝礼する儀式です。
また、最近では和ウェディングでも指輪交換を行われることが一般的になってきています。但し、神社で挙式をする場合は、指輪交換を式次第に組み込まない神社もありますので事前に確認しておくことが必要になってきます。

和ウェディングの服装としては、新郎は紋付袴、新婦は白無垢・角隠しなどで挙式に臨むのが一般的です。
両親は、父親はモーニング又は紋付袴、母親は黒留袖を着用します。
媒酌人(仲人)をたてる場合は、新郎新婦の両親と同じ服装になります。
親族などは、男性は礼服を着用、女性は色留袖・ドレスなどを着用します。
全体的に厳かで落ち着いた雰囲気の服装で式を執り行うことになります。

おすすめ記事ピックアップ

  • 神前式ウェディング

    神前式ウェディングは、古くから行われてきた神殿にて八百万の神々の前で誓いを立てるものですが、現在のスタイルの神前式ウェディングが行われるようになったのは明治初期と...

  • 人前式ウェディング

    人前式ウェディングは、新郎新婦が、家族や親戚、友人などの参列者の前で結婚の誓いを行うものです。 人前式ウェディングには特定のスタイルがありませんので、しきたりや宗教にとらわれたくない人に支持されている...

  • 神道とは

    和ウェディングというと、まず神前式の挙式が思い浮かびます。神前式の神とは、キリスト教式の神とは違い、八百万の神々を祀る神道に由来する... みなさんは神道と聞いて何をイメージするのでしょうか。

  • 用語集

    和ウェディングで耳にする用語をいくつかまとめてみました。【色打掛】(いろうちかけ)白以外の色を用いた華やかな打掛のこと。色地に赤や金など華やかな色の刺繍が...