新郎新婦の和装

和ウェディングといえば、新郎新婦の服装があげられます。
新郎新婦の和装の姿は、非日常の結婚式ならではという感じがします。
新郎の和装の定番といえば、紋付袴です。
結婚式での紋付袴は、羽織は黒で、袴は灰色の縞、羽織紐は白っぽいものという正装に近いものが定番ですが、最近では、紋付袴の色やスタイルなど数多くの中から選べるようです。
正式な黒紋付は5つ紋で染め抜きのものですが、そこまでこだわる方も少なくなっているのが現状です。
紋付の色も白、銀、紺など様々なものがありますし、紋も5つ紋、3つ紋、1つ紋などの種類があります。
袴の種類も色だけではなく地模様があったり縞模様だったり本当に様々です。
紋付袴を選ぶ際には、新婦の衣装と整合性の取れる範囲で個性を活かしたいものです。

結婚を機会に紋付袴を作る方もいらっしゃいますが、一般的にはレンタルの紋付袴を利用されるかたが多いのが現状です。
代々受け継いできた家紋が入った紋付の羽織を借りることができるの?と思われる方もいると思います。
実際のレンタルの紋付羽織は、家紋は貼り紋という形をとっていることが多いようです。
貼り紋(シールの家紋)はレンタル料に込みの場合もありますし、別途必要なところもあるようです。細かいことですが確認をしておきましょう。
家紋にこだわりのある家庭が少なくなっている昨今ですが、新婦にとっては嫁ぎ先の家紋を知る良い機会ではないかと思います。
新婦の和装と聞いてイメージされるものは、白い綿帽子に白無垢、色打ち掛けには角隠しという昔からの花嫁さんの定番衣装ではないでしょうか。
最近では古風なスタイルなのに、古い感じがしないという衣装も増えてきています。
白無垢、色打ち掛けのほかに、引き振袖やオーガンジーでできた打ち掛けという選択肢も増えてきました。
白無垢一つとっても、白無垢の内側が赤やピンクなどの色合いが少し見え隠れしたりするものもありますし、白無垢に刺繍がされているものなどもあります。
今や、角隠しにするのか、綿帽子にするのか、洋装でも合うような髪型にするのか、選択肢やバリエーションはいくらでもあります。
打ち掛けや引き振袖は色も種類も豊富ですし、髪型や角隠しで印象が随分違ってきます。
新婦がよりきれいに見えるよう、新郎が新婦を引き立てる衣装を選択していくことも和装に限らず、新郎新婦の服装のポイントです。

おすすめ記事ピックアップ

  • 神前式ウェディング

    神前式ウェディングは、古くから行われてきた神殿にて八百万の神々の前で誓いを立てるものですが、現在のスタイルの神前式ウェディングが行われるようになったのは明治初期と...

  • 人前式ウェディング

    人前式ウェディングは、新郎新婦が、家族や親戚、友人などの参列者の前で結婚の誓いを行うものです。 人前式ウェディングには特定のスタイルがありませんので、しきたりや宗教にとらわれたくない人に支持されている...

  • 神道とは

    和ウェディングというと、まず神前式の挙式が思い浮かびます。神前式の神とは、キリスト教式の神とは違い、八百万の神々を祀る神道に由来する... みなさんは神道と聞いて何をイメージするのでしょうか。

  • 用語集

    和ウェディングで耳にする用語をいくつかまとめてみました。【色打掛】(いろうちかけ)白以外の色を用いた華やかな打掛のこと。色地に赤や金など華やかな色の刺繍が...